肌に優しい成分の入った化粧品を解説!5つの成分をチェックしよう!

敏感肌の人にも嬉しい、肌に優しいとされる成分には、いったいどんなものがあるのでしょうか?

肌に優しい成分はこちら!

・セラミド
・グリセリン
・BG
・ヒアルロン酸
・コラーゲン

セラミドは、もともと人間の皮膚上に存在するバリア機能成分です。乾燥や刺激から肌を守る働きがあります。敏感肌の人はこのセラミドが不足している場合が多く、セラミド配合の化粧水などで補うことで肌質改善につながります。

グリセリンは、保湿性の高い成分。化粧品の主成分としてよく使われています。グリセリンは肌への刺激やアレルギー性も低く、敏感肌の人にも嬉しい成分。「しっとり」とした使い心地です。

BGはブチレングリコールのことで、グリセリンと同じく低刺激の保湿成分です。しかしながら使い心地はグリセリンと違い「さっぱり」としています。敏感肌用の化粧品の主成分としてもよく使われています。

よく聞くヒアルロン酸は、人間の皮膚表面にある保湿成分。水分を蓄える働きがあります。年齢とともに減少していくもので、不足すると肌が乾燥したり、ハリが失われたりします。

コラーゲンもよく聞く成分。こちらはタンパク質の一種で皮膚の土台を作っています。ヒアルロン酸と同じく水分を蓄える保湿剤として働き、年齢とともに減少。不足すると肌がたるんでしまったりします。

化粧品に書かれている成分表は、配合量が多いものから記載されています。これらの肌に優しい成分が、成分表の5番目までに記載されているとより効果が得られることでしょう。

低刺激のものや、もともと人間が持っている成分がおすすめのようですね。成分表をしっかり見て、化粧品を選んでいきたいですね!

防腐剤についてはこちらの敏感肌の人は注目!化粧品に使われる防腐剤5つの種類を解説!をチェックしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました