無添加化粧品とオーガニックコスメの違い

無添加化粧品に似ていると思われやすい化粧品に、オーガニックコスメがあります。その違いをご案内していきますね。

オーガニックコスメとは、有機栽培された自然由来の成分が中心の化粧品です。

西洋のハーブなど、昔から使われてきた自然原料で、人が本来持つ肌の治癒力をアップしようというのがオーガニックコスメの考え方です。

配合成分には、化学成分が全く含まれていないタイプと極力含まないタイプがあります。

国によっては、オーガニック基準を原料から厳しく制定していることもあります。

オーガニックコスメのメリット

・化学成分の危険性が少ない

オーガニックコスメのデメリット

・自然成分が必ずしも安全とは限らない
・日本ではオーガニックの明確な定義がない
・自然由来なので機能性が低い

オーガニックコスメのメリットは、化学成分の危険性が少ない点です。

原料自体が有機栽培のため、農薬や化学肥料の影響も受けにくいメリットがあります。

オーガニックコスメのデメリットは、配合されている自然成分が必ずしも安全とは限らない点です。

成分そのものに危険性はないとしても、人によって相性が悪い成分もあります。

また、日本ではオーガニックの明確な定義がなく、どの程度のオーガニックなのかがあいまいなこともデメリットです。

それから機能性が低いのもデメリットです。自然治癒力を促すのが目的だけに、肌への作用は穏やかです。

オーガニックコスメと無添加化粧品の違い

オーガニックコスメと無添加化粧品の大きな違いは、旧表示指定成分が含まれているかいないかです。

無添加化粧品は、基本的に旧表示指定成分を含んでいません。

オーガニックコスメは、大枠で化学成分を含まない化粧品です。

オーガニックコスメのメイン成分が自然由来なのに対して、無添加化粧品は旧表示指定成分を無添加(無配合)にして、化学成分をメインとしていることがあります。

無添加化粧品と自然派化粧品の違いはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました