無添加化粧品の定義、メリット・デメリット、選び方を解説

「無添加化粧品って何だろう?」と思ったことはありませんか?

オーガニック化粧品や自然派化粧品というのもあるけれど、無添加化粧品との違いは何なのかと疑問を持っている人もいるかもしれません。

ここでは、無添加化粧品の基準や特徴から選び方、オーガニック・自然派との違いについてまで解説していきます。

まずは確認!無添加化粧品の正体とは?全然で危険は無いの?

まずは確認

無添加化粧品とは、肌トラブルの可能性がある成分を含まない化粧品です。

肌トラブルを起こす可能性のある成分は、1980年に厚生省が102種類の表示指定成分を定めています。

表示指定成分が含まれていれば、発売する化粧品に明記する必要がありました。

例えば、防腐剤・殺菌剤・紫外線吸収剤・酸化防止剤・豪勢界面活性剤・合成着色料・合成香料などが表示指定成分の一例です。

2000年の薬事法改正後は、化粧品に含まれる全成分を明記するのが決まりです。

以前に定められた表示指定成分は、旧表示指定成分と名称が変更されています。

無添加化粧品だからといって、単純に安全で危険性の無い粧品というわけではない!ということです。

参考)無添加化粧品のOKADA

無添加化粧品だからメリット、デメリットを解説

メリット、デメリット

無添加化粧品にもメリットとデメリットがあります。

それを踏まえた上で、無添加化粧品の良し悪しを検討してみてくださいね。

無添加化粧品のメリット

・旧表示指定成分が含まれていない
・安全性の高さが追求されている
・肌にとって何が良いかを意識できる

無添加化粧品のデメリット

・何が無添加か明記されていない化粧品もある
・価格が高くなりがち
・個別に相性の悪い成分を見落としやすい

無添加化粧品の第一のメリットは、企保的に旧表示指定成分が入っていないことです。

肌トラブルのリスクがある成分を減らしたのが無添加化粧品ですから、安全性も追求されています。

肌に良い成分と悪い成分について、意識しながら化粧品を選べるのもメリットです。

一方で、無添加と大々的に宣伝する割に、どの成分が無添加なのかわかりにくい商品もあります。

旧表示指定成分を除くことで、代わりの成分を利用する必要があるため、一般的なけしょひんよりも高価格です。

無添加だから安心と思い込み、自分の肌に良くない成分を見落としてしまわないように、ちょっと勉強が必要ですね。

無添加化粧品を選ぶ3つのポイント

3つのポイント

無添加化粧品を選ぶときには、重視しておきたいポイントがあります。

ポイント1:どの成分が無添加なのかチェックする

肌に負担をかける可能性がある旧表示指定成分には、102もの種類があります。

どの成分が使われていないかをハッキリさせておかないと無添加化粧品を選ぶ意味がありません。

これだけは使ってほしくないという成分を決めておき、気になった無添加化粧品に配合されていないかチェックする方法でもよいでしょう。

ポイント2:効果を求めるか否か

無添加化粧品の目的は、2つに分かれています。

肌を改善させる効果を求めるタイプと、肌を健やかに保つタイプです。

肌を改善させる効果を求めるタイプには、特別な成分が配合されて価格が高くなる傾向があります。

ポイント3:配合成分との相性もチェック

肌リスクの高い成分が無添加でも、他に含まれている成分があります。

配合成分との相性は、チェックしておいたほうが安全です。

タイトルとURLをコピーしました